学校紹介動画 「情報ビジネスコース バーチャル体験入学」

情報ビジネスコース

即戦力となるために

本コースでは、最新のOS(Windows10)やOffice2016を搭載したコンピュータを使用しコンピュータに関する知識を学ぶだけでなく、ビジネスの基礎である簿記会計を学ぶことによって、将来、ビジネス分野で活躍できる人材を育成します。
「情報処理検定」「ビジネス文書検定」「簿記検定」の3つの検定試験で資格取得を目指すとともに、フォトレタッチなどデザインの基礎もしっかり身につけることができます。

情報ビジネスコースの選択授業

[2年生]

簿記Ⅰ、情報演習Ⅰ

[3年生]

簿記Ⅱ、情報演習Ⅱ、プログラミング演習、表現メディアの編集と表現

検定試験の合格実績

      R1 H30 H29 H28 H27
簿記実務検定   2級 0 3 2 2 2
3級 10 6 7 11 9
ビジネス文書実務検定 級合格 1級 5 1 10 5 10
2級 28 32 17 27 33
3級 34 66 28 49 70
文書部門のみ 1級 5 4 9 11 4
2級 7 7 6 16 17
3級 2 6 2 1 3
速度部門のみ 1級 1 0 1 2 2
2級 5 7 6 3 3
3級 1 10 10 1 5
情報処理検定 ビジネス情報部門 1級 0 1 0 1 1
2級 10 4 6 14 19
3級 23 22 14 27 37
プログラミング部門 2級 1 1 3 0 1

コース授業の紹介

「簿記Ⅰ・Ⅱ」

商品売買業を営む個人商店や企業では、商品の仕入れや販売のほか給料や広告料の支払いなどさまざまな経済活動をしています。これらの活動を金額によって帳簿に記録・計算・整理し、企業に関係する人々に知らせる技術が簿記です。

「情報演習Ⅰ・Ⅱ」

タッチタイピングの習得から社内文書や社外文書作成などの文書作成と、表計算ソフトの活用や通信ネットワーク、情報モラル、データベースについても学び、全国商業高等学校協会ビジネス文書実務検定、情報処理検定(ビジネス部門)を受験します。

「プログラミング演習」

プログラミングを基礎から学び、全国商業高等学校協会の情報処理検定(プログラミング部門)1・2級受験を目標とします。

「表現メディアの編集と表現」

Photoshop CCなどのソフトを利用し多くの作品を制作しながら、コンピュータグラフィックスの基礎を学びます。

情報ビジネスコース 生徒からの一言

情報ビジネスコースでは、パソコンについて学習し、その知識や技術を身に付けることができます。また、就職や進学に有利な資格をたくさん取得することもできます。
僕は1年間で情報処理検定1級まで取得できました。努力しだいでたくさんの資格を取得でき、自分の力を更に伸ばせるコースです。